横綱箸

箸は、日本の文化を象徴する暮らしの道具のひとつ、

多くの家庭では、どの箸が誰の箸か決まっています。

色調が豊かな津軽塗の箸は、そんな食卓にぴったり。

まるで箸に名前があるかのように、それぞれの席へ。

気がねなく使える丈夫さで毎日の食を口に運びます。

※横綱箸はサイズが大きい為、桐箱には入りません。

 

《津軽塗ならではの愛着ポイント》
重ねた塗で保護され、10年以上使えるといわれる丈夫さ。

軽くて持ちやすい。色調が豊かで、見分けがつきやすい。
料理の邪魔をしない、舌ざわりがよく、なめらかな箸先。

お手入れもカンタンで、毎日の食卓で気がねなく使える。
一つ一つ細やかな部分まで塗が行き届いた職人の手作り。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1

  • 唐塗 横綱箸

    唐塗 横綱箸 [YH-1]

    3,500円

    お茶席の和菓子の取り箸に少し大きめの津軽塗の箸はいかがでしょうか。 別名力士箸とも呼ばれるお箸で横綱のように手の大きい人にも使えるお箸です。 写真奥が地色の呂(茶色)に赤と緑の彩色を施した呂上…