紋紗塗

 

紋紗塗の「紗」とは、津軽地方で“もみ殻”の意味。

存在感のある黒漆が印象的な、渋みのある玄人好みの塗りです。



下地の上に黒漆で模様を筆描きし、乾いた後に、もみ殻の炭粉を蒔いて、

砥石や炭で黒漆模様を研ぎ出します。

黒漆と炭粉を使うこの塗りは、研ぎ出し技法の中でも最も独特で、

全国的にも他にないと言われています。

丈夫さと渋さを兼ね備えた漆黒、その迫力は津軽塗ならではのものです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

63